商業の町である近江八幡の注文住宅

subpage-img

商業の町として知られる近江八幡では、古くから多くの商人が育ってきました。



昔の街並みもあり、和風住宅が多いのが特徴です。

では注文住宅を近江八幡で建築する場合には、和風住宅がよいのでしょうか。実はそのような決まりはありません。

一部、景観を重視するような場所であれば、注文住宅の中でも和風の住宅しか建ててはいけませんが、ほとんどの場所はそのようなことはなく、一定の法律の制限の範囲内であれば、洋風の住宅を建てようが輸入住宅を建てようが自由になります。


近江八幡で注文住宅を建てようとすれば、ハウスメーカーと工務店の2種類があるでしょう。


どちらも、住宅を建てるという意味では変わりませんが、ハウスメーカーと工務店では少し趣きが異なります。
ハウスメーカーの場合は、費用は少し高くなりますが、独自のブランドを持っているためそれに魅了されて住宅を建築お願いする人も少なくないでしょう。



また、あらかじめパッケージが用意されているため、建築完了までの期間がとても短いです。

工務店と比較しても1カ月から2カ月の短くすることが可能になります。一方工務店のメリットは、費用が安いことです。



ハウスメーカーの場合には広告料やモデルハウスの維持費など様々な点でお金がかかりますので、注文住宅の建築の時に費用がその分上乗せされます。


ですが工務店の場合は、広告費用も少ないうえに、モデルハウスをもっていないことが多くなりますので、その分お金がかかりにくいのです。

top